こんな方におすすめリノベーション

新築とリノベーション、どちらを選ぶべきなのか。家を買おうと考えた時にしっかり判断したい、新築とリノベーションの魅力を比較していきます。

新築とリノベーション、どちらが良いのか

家を買いたいと考えた時に、新築とリノベーションのどちらが良いのかで悩んでいる方は多いと思います。近年はリノベーションにより素敵に生まれ変わった中古住宅が注目を集めていて、住宅購入の新しい選択肢として認識されてきました。

新築とリノベーション、実際のところはどちらの方が良いものなのでしょうか。比較ポイントを紹介します。

新築と中古の比較ポイント

●費用

新築はこだわりの家を建てる場合、どうしても費用が高くなりがちです。気に入った土地に一軒家を建てるとなると3,000万円以上の覚悟は必要になるかと思います。反対にリノベーションの場合は家の状態や改修の程度にもよりますが、1,000万~2,000万円で全面的に改修できることが多いようです。

一般的に中古住宅は建物の価値が低いため、建物を購入して工事費をかけてもトータルでリノベーションの方が安くすむようになります。

●自由度

ゼロから家を建てることができる新築は、自由度の高さが魅力です。リノベーションは中古の住宅を利用するため、元の家の構造にどうしても制約を受けます。とはいえ、仕切りの壁を取り払ったり間取り変更をしたりすることは可能なので、こだわり抜いたデザイン以外ではリノベーションでも対応可能な部分が多いです。

どうしても譲れないこだわりがある場合は、自由度の高い新築が良いでしょう。

●安全度

最新の耐震・断熱性能を組み込んだ家が欲しい場合は、新築で購入する方が安全度では高くなります。中古住宅の場合は1981年の「新耐震設計基準」で建てられたものを選ぶことが大切です。それ以前では耐震性能が劣る部分があり、リノベーションの際に余計な費用がかかることもあります。ただし古い家の全てが安全ではないということはありません。中古住宅によっては、今では手に入らない立派な梁や柱を使用しているところもあります。

その場合は安く購入した新築よりも、実は長く住むのに適した良い住まいを安く購入することができるのです。

●住環境

土地から探して新築を建てる場合、難しいのが「場所」選びです。住環境が良いところは既に家が建っており、「駅近く」「街の中」といった人気の条件ではなかなか土地が見つからず新築の家を建てることができませんし、もし土地があったとしても高価で手が届かないことが多くなります。その点中古住宅なら、比較的好条件の土地に建った家が売りに出されることも多く、更地を探すよりも見つけやすいといったメリットがあります。

さらに既にそこに建っていた家なので、近所の関係や昼夜の状況など住環境を調査しやすいといったことも。暮らしぶりをそこでイメージすることができるから、購入後の失敗も少なくなります。

リノベーションなら中古住宅を活かすことができる

新築とリノベーション、それぞれに魅力があるので、目的によって選ぶと良いでしょう。

例えば多少古くても良い立地を重視したい、古い木材の味わいを活かした家に住みたい、費用を抑えたいといった場合はリノベーションを選ぶと良いですし、全てを新品で揃えたい、ゼロから作り上げる自分だけの家が欲しい、間取りやデザインにとことんこだわりたいというのなら新築を選ぶのがおすすめです。

リノベーションは中古住宅が持つ良さを残しながらも、全面的に改修することで新築以上の性能を備えた快適な住まいに作り上げることができます。さらに費用を抑えられる、現在手に入りにくい好条件の土地や建物を見つけやすいといったメリットも考えると、中古住宅のリノベーションには新築よりも魅力的な条件が揃っていると言えます。

福岡で理想の我が家を手に入れたいなら
絶対にチェックしておくべき
5つのリノベーション施工事例
≫≫リノベーション施工事例を見る≪≪