理想の我が家のためのリノベーション事例集【福岡編】  » リノベーションで失敗しないためのイロハ

リノベーションで失敗しないためのイロハ

リノベーションで失敗しないために知っておきたい情報をまとめました。リフォームとの違いや、物件を手に入れるまでの流れを紹介します。

「リノベーション」という新しい選択

近年注目を集めているのが、あえて新築ではなく中古住宅を購入して再生させる「リノベーション」という選択です。

中古住宅を建築当初の性能まで戻す「リフォーム」に対し、「リノベーション」は建物の性能を建築当初よりも高めて新しい付加価値をつける方法です。

立地や間取り、仕様などの全てを満足させる新築戸建てやマンションはなかなか少ないうえ、良い条件や立地を備えた建物の価格は高額になります。

そのため立地や住環境を重視しながらも探しやすい物件数の多い中古住宅を購入し、リノベーションによって想い描く理想の物件に変えようというリノベーションが、最近多くの方に受け入れられてきています。

リフォームとリノベーションの違いは

最近よく聞くようになった「リノベーション」。古くから知られている「リフォーム」との違いは、古くなった設備や内装を改修するだけでなく、大掛かりな改修や性能を向上させることで「新たな付加価値」を生み出すところにあります。

【リフォーム】

リフォームは昔からよく使われているように、住宅の設備や内装を新しくしたりすることで、老朽化した住宅を新築のような状態に戻すことを指します。

基本的には壊れている、汚れている、老朽化している部分だけを直すことであり、例えばマンションやアパートなら入居者が退去した後に、入居前のキレイな状態に戻す「原状回復」も同様です。外装の塗り直しや壁紙の剥がれ修復、キッチン設備の変更などがリフォームになります。

【リノベーション】

リノベーションは古い建物の良さはそのまま活かしながらも、大規模な工事によって性能を高めて新築以上の価値を生み出したり、自分好みの間取りやデザインに変えることで付加価値をプラスしたり、中古物件の「再生」を意味します。

積極的に古い住宅を再生させるために使われることが多く、住宅購入の新しい手法として注目を集めています。仕切りの壁を壊して広々としたリビングに変えたりする大規模な改修がリノベーションです。

やや大きめの改修では、「これはリフォームなのか、リノベーションなのか」の判断が付きにくいものですが、最近では大掛かりな改修によって住まい全体を一新することを総称してリノベーションと呼ぶことが多くなっています。

イメージとしては住まいの改修を指す「リフォーム」のなかにも、住まいづくりのスタイルとして中古物件を再生する手法である「リノベーション」が含まれていると考えてみてください。

リフォームでは、住宅は新築の時と同等、もしくはそれ以下の性能になることが多いのですが、リノベーションは新築の時以上の性能になることが多く、機能を新築時と同等に回復させる「リフォーム」にプラスαで新たな機能や価値を上乗せしていくこととなります。

「リフォームなのかリノベーションなのか」で悩んだ場合は、工事の規模と住まいの性能に注目しましょう。間取りや配水管、水道管、冷暖房換気設備の変更といった大規模な工事や、新築の時以上の性能になる工事はリノベーションであると理解すると良いと思います。

失敗しないために知っておきたいこと

リノベーションは新築購入ほどの費用はかかりませんが、希望を詰め込んだり良い物件を購入したりするとそれなりに高い金額の支払いが生じます。これから長い間住むのでもちろん失敗することはできませんし、失敗しないように気を付けなければいけません。

まずはリノベーションとリフォームの違いを知っておき、新築を購入するときとどう違うのか、依頼から引き渡しまでの流れはどうなるのかなどをしっかり勉強しておくと良いでしょう。

福岡で理想の我が家を手に入れたいなら
絶対にチェックしておくべき
5つのリノベーション施工事例
≫≫リノベーション施工事例を見る≪≪